建築金物の設計管理シャーリング・レーザ・NCT・セットプレス・コーナーシャー・曲げ加工

野田金属工業株式会社
サイトマップ お問い合せ
電話番号06-6744-1350

 加工技術紹介


■ シャーリング



シャーリングマシンでの切断加工です。
金属の板(板金)を任意の大きさに切断するマシンです。

最長:6m
板厚:3.0mm

■ NCタレットパンチプレス


上側にパンチ、下側にダイの金型を装着し鋼板をセットして決まった位置に各大きさの穴を開ける機械加工です。丸、角、長穴、切欠きなどにも対応できます。 
ボルトやビスを通したりするベースになります。多数の金型を用意しています。

加工サイズは、1524×3048mm

■ 曲げ加工


2009年12月HDS3504NTベンダー(アマダ製)
導入しました。能力 350トン4M 当社独自の特殊金型多数有り。曲げのご相談ください。

■ レーザーカット加工


レーザーカット加工とはレーザー光が金属板を、あたかも筆で自由な形状を描くように切断していく加工のことです。レーザー加工は虫めがねで太陽の光を集め、紙を焼くのと同じ原理です。
レーザーによる金属切断加工は、レンズで絞った焦点位置を、金属材料の表面近くに合せて、レーザー熱源と、補助ガス(酸素、窒素、AIR)を吹きかけながら、0.2mm程度の切断幅で切って行くものです。
レーザー加工は非接触加工の為に加工ひずみが少ない特性を持っています。


ニュース l 商品紹介 l 施工事例 l 納品までの流れ l 野田金属工業(株)について l 採用情報 l
交通アクセスl よくあるご質問 l サイトマップ l プライバシーポリシー l お問い合せ